2020年9月18日より産休にはいります!産休中の様子はコチラ→(アメブロで状況報告中です)

WordPressで妊娠出産や育児のブログを書くときに気をつけたいこと

こんにちは、荒井です🤗

今回はWordPressで作成しているこのおうちウェブのサイトからは「妊娠出産育児ネタ」の一部分を抜いている理由についてまとめました😊

目次

WordPressで「妊娠出産育児」ネタの医療系の話題に触れると検索順位に影響が出るデメリットがある

今回の出産で、アメブロを妊娠出産育児ブログにして更新することにしました🤗

あわせて読みたい
帝王切開二回目なフリーランスの妊娠出産育児ブログあらいきゆ@おうちウェブさんのブログです。最近の記事は「予定帝王切開は当日入院になりました(画像あり)」です。

その理由は。

WordPressのおうちウェブサイトに妊娠出産の話題を入れ込んでいくと、検索順位に不都合が起こる可能性があるから、です。

元々のおうちウェブのルーツとして、WordPressでのブログメディア運営がありました。

月数万PVで1PVあたり1円〜3円くらいのサイトです。

ジャンルは妊娠出産育児で、単一ワードで検索一位を取っていたSEOのみのSNSもバックリンクも一切ないホワイトハットサイトでした。

これが、Googleのアルゴリズム変動で飛んでいます。

飛んでしまってからも、何度かこの妊娠出産育児ジャンル、ドメイン変えたり色々試行錯誤しました💦

でも遅かれ早かれやっぱり飛ぶので、内容的に医療系の話題が含まれるとよほどサイト自体の信頼性を上げないと難しそうだし、

このジャンルは企業の参入増加もあってレッドオーシャン化したのでやめました。

医療アプデがあってから、医師監修や、助産師監修といったフレーズを入れ込むサイトも増えましたし、

実際に有資格者がライティングをする、というようなサイトの作りも増えました。

クラウドソーシング見ていても、有資格者にライティングを依頼する案件よく見られますよね。

それでいても、現状は医療系にあたるキーワードの殆どが病院やクリニックの公式サイト、果てはPDFの資料なんかの、お堅い系の情報しか検索上位に並ばなくなりました。

数年前の医療アプデ後からその流れだなーと思っていてWordPressで医療系の話題や体験談を扱ってみても、検索流入頼みでのアクセス流入は本当に難しくなっていると感じています。

そんな経緯から医療系や闘病系などの話題を扱うのであれば、WordPressよりも検索以外の流入経路が充実しているSNSやアメブロの方が向いてるなーって思っています。

なので仕事のサイトとは分離させてリスク分散させる意味合いもあります。

ただ妊娠出産育児系の話題はなんらかのかたちで残せたらいいなと思っていたこと、

そもそも妊娠出産育児がフリーランスや在宅ワーク、おうち起業といった働き方を考えるきっかけになったことも背景にあって、

お仕事でやりとりのある方への近況報告も兼ねて、アメブロで発信していくことにしました。

アメブロやSNS、WordPressなんかの媒体の使い分けや役割なんかは試行錯誤と検証ですねー😊

マクリンさんもこの手の相談多いとツイートしてらっしゃいました。

ママブログは医療系かすりやすいので、気をつけないとですね😊

もしもやる場合には、SNSとか影響を受けづらい媒体としっかりからめてアクセスアップの動線を検索に頼らないことかなーと思います。

WordPressやSNSなど情報発信媒体に関わらず一番大切なことは継続すること

色んな仮説や背景はあるけれど、それでもやっぱり一番大切だと思うのはどんな媒体でも継続した情報発信だと思っています。

WordPressじゃなきゃとか、このSNSがいいとか、これはアクセス集めやすいとか色々あると思うけど、何を使ったってどんな情報発信だってコツコツとした継続には敵わないなぁってすごく思います😊

テクニカルな部分とか、媒体やツールにこだわることなく発信を続けられることってものすごく大事だし、

自分にマッチした情報発信のスタイルを少しずつでもかためて力にしていけるような提案ができればいいなーと思っています🙌

ブログアフィリエイターさんだけでなくて、お教室やサロンをされていてブログを書いて集客している場合には、ひとつのポイントしてこの記事でご紹介したような内容を抑えておくとよいかもしれません💡✨

WordPressとSNS、無料ブログなどの使い分けをしていく一つの指針になるかと思います。

目次
閉じる