WEB系フリーランスが掛け持ちパートをやめて専業個人事業主になった話

パートをやめて専業個人事業主になった

ことし、パートの仕事をやめて個人事業一本にしぼりました。

2019年はもう外で働きません、って決めて。

やっぱり働けば絶対お給料がもらえる雇用されるという形態のお仕事は正直魅力的なので、パートをやめることには葛藤がありました。

パートなら働けば働いた時間分のお給料が入るから。

仕事によっては福利厚生ありますしね、社会保険なんて本当ありがたいシステム。

でも、個人事業とかフリーランスなんかを自分でやっていると、8時間働けば8時間分の収入が入るかと言えばそんなこともなく…。

これ自営業されているかたと話していると、首がもげるくらいそうそうそうそう~!ってなるんですけど。

なのでわかりやすい「働いてる感」と「確実な収入」を求めて、雇用された就労形態を選択したくなってしまうんですねー

期間を決めて「脱・雇用就労」をやってみる

パートと並行していたWEB系のしごとでしたが、今年になってパートをやめて一本化に挑戦してみることにしました

先のことを考えたときにとか言うと割とかっこいいですが、とにかく「自分のペースで働きたい!」と思ったことが理由です。

安定的な収入がなくなるのは不安でしたがやりたいことは明確だったし、学びたい内容もWEBまわりのことばかりだと自覚できたので個人事業一本化に踏み切りました。

個人事業に一本化してみて「仕事とは言えないな」って思ってしまうような状態なのであれば、その時はまた働きに出てもいいんだし、まずは一回やってみようと思って脱・雇用就労の実行です

副業じゃなくてメインの仕事としてやると決めると前に進む

パートをやめて個人事業一本化することに対して引け腰だった部分もあったけど、実際に行動に移してみればパラレルワークとして活動をしていた時より依頼やご相談を頂くことが増えました。

これは本当うれしくて!!

という経験をしたら、外で働きたい気持ちは出てこなくなってきていて。

パート先はすごくすごくいいお店だったけれど個人事業に一本化したことに後悔せずに進めていることと、子どもの体調不良にものすごくおおらかな気持ちで対応出来ていて気が楽です…

何より個人事業をされているかたとお話するとわかりみが強すぎて、ホームページ制作の依頼を頂いてヒアリングと称してzoomで話すのも楽しいです。

わかるわかる~、で!どうしましょうか!っていうやりとりがたまりません。

たのしくお仕事をさせていただいてありがとうございます、全力でやります

迷走している個人事業主のかたいらっしゃれば、ホームページ制作のヒアリングでは強みをほじくり返して探し出していきますのでご安心ください。

思考や方向性がスッキリするホームページ制作ができるようにがんばります