ドメインとは?決め方と取得のポイントを抑えれば失敗しない

ドメインの決め方と取得のポイントを解説

ワードプレスでホームページを作るのに必要なドメインなのですが、選び方や決め方にいくつかポイントがあります。

ドメインを運営途中で変更することはデメリットだらけになるので、ドメインとは何かを知った上で失敗のないドメインを決めていけるように解説していきます。

これからドメインを取得してワードプレスを使い始めたい方は読んでみてください

ドメインとは何か

  • URLとかアドレスといわれる部分の一部
  • http://やhttps://の次にくる部分
  • インターネット上の表札のようなもの

こんなイメージです

このサイトではpupuput.comがドメインにあたります。

ドメインとURLの違いを詳しく知りたい場合はこちらをどうぞ

ドメインは唯一無二

ドメインはすでに使われているものと同じものは使えません。

例えば、pupuput.comは私が取得済みなので私がこのドメインを手放すまでは誰かがこのドメインを使用することはできません。

またアフィリエイトをする場合は、広告主と紛らわしいドメインを取得すると広告掲載の許可がおりない場合もあります。

ドメインはお尻が選べる

ドメインは末尾を選ぶことができます。

  • .com
  • .net
  • .co.jp

文字列+末尾の組み合わせをセットとして「ドメイン」というようにくくるので、文字列が一緒でも末尾が異なる場合は別ドメインです。

希望の文字列がどの末尾ならドメインとして取得できるのかは、ドメイン取得サイトで確認することが出来ます。

ムームードメインでほしいドメインを探す手順

ドメインは末尾の文字列で維持費が異なる

ドメインはお尻の文字列ごとに維持費が異なります。

一年目の取得費は安くても二年目以降の継続費用が値上がりするドメインもあるので、取得の際は価格表を参照して決めます。

ドメインはメールアドレスも作れる

ドメインを取得してサーバーにセットすると、取得したドメインのメールアドレスを作成できます。

「info@ドメイン」というような形式のなんか事業っぽくてカッコイイメールアドレスのことです

ドメインで使える文字

  • 英数字
  • 日本語
  • 半角のハイフン

記号で使えるのは「-」だけです。

また日本語でドメインを取得することもできますが、その場合は特定の状況においてはピュニコードという英数字の羅列に変換されます。

「あらいきゆ.com」がピュニコードだと「xn--l8je1a4sma.com」になります。

日本語として表示されている時には、日本人には視認性ばつぐんでとてもわかりやすいドメインなのですが、ピュニコードに変換がかかった途端スパムっぽくなってしまいます。

特に露骨なのがドメインでメールアドレスを作成した時で、この時はピュニコードに変換されてドメインが使用されます。

その他日本語ドメインのメリットデメリットはこちらのサイトを参照してみてください

日本語ドメインはデメリットを考慮して取得を検討してください。

ドメインを決める時のポイント

  • 入力しやすい
  • 読みやすい
  • 覚えやすい

ドメインは短くて入力しやすく、可読性の高いものがおすすめです

名刺やメールの最後に明記するのにもすっきりしていてわかりやすいドメインの方が認識しやすいかなと思います。

URLのリンク送付やQRコードの普及、検索エンジンのおかげでURLを手入力するシーンは減少していますが、すっきりしたドメインの方が使い勝手が良いです!

ドメインの変更はリスクになるので慎重に

ドメインは一度決めてWebサイトをスタートした後は、変更しないほうがいいです。

長く愛着を持って運用できる文字列を決めます。

ドメインを運営途中で変更すると、「リダイレクト」という処理で以前のURLから転送をかける処理が必要になったり、リンクの貼り替え置換作業など、細々した作業が発生します。

ドメインの変更はできることならせずに運用した方が手間もリスクもありません。

裏を返せばどうしてもドメインを変更したくなったらやりようはあるよ、ってことでもあったりします。

ウェブサイトを作る場合は、ドメイン何にしようかな~とふんわり考えつつ構成を決めていきましょう

欲しいドメインが取得できそうだったら、ドメインだけ先に契約してしまうのもいいと思います。